スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『お天気お姉さん みるく』考察+ノヴァグラップラーについて

お天気お姉さん みるく


お天気お姉さん みるく グレード1/パワー6000/シールド5000/ブースト/オラクルシンクタンク

【自】【R】:このユニットが《オラクルシンクタンク》のヴァンガードをブーストした時、あなたの手札が4枚以上なら、そのバトル中、ブーストされたユニットのパワー+4000


ここあやサークル・メイガスなど、自分のツボを押さえてきたオラクルシンクタンク。
そうなれば『お天気お姉さん みるく』にはヤラシイ響きを感じたが……、思いのほかファンシー。

能力はジャラン、うぃんがる、クイーンと同じ『特定の条件で10000のブーストが行える』サイクル。
ただし今まではブーストするカードの名前を指定したのに対して、こちらは『オラクルシンクタンクのヴァンガード』と範囲は広い。しかし『手札が4枚以上』という条件も追加されている。

しかし他に比べて能力が腐りにくく、2枚目以降はガードに回せばよいので使い勝手がよい。
『手札4枚以上』もアマテラスと同じ条件であるため、ミサキの行ったようにドロートリガーを多用すれば条件は満たしやすいだろう。
なおアマテラスを支援すればそのパワーは24000になる。25000に達しないのは惜しいがバランス調整の結果だろうか?

注意すべき点は『ブーストした時』に条件を満たしていなければならない。つまりトリガーチェックの段階で4枚以上になっても効果を発揮しない。
そこがアマテラスとの大きな違いである。

レアリティの高いオラクルシンクタンクでコモンというのは嬉しい限りである。



『オラクルシンクタンクは札束』と言われているが、大きなお友達には高レアリティとプロモのオラクルシンクタンクを、本来のターゲットである子供たちには低レアリティのノヴァグラップラーを、という販売戦略はまあ間違ってはいないだろう。

遊戯王で「低レアリティで強力」「使い手が小学生」いえばディフォーマーだが、装備魔法やラジオンに頼らないと打点が低かった点と効果が変化する点は初心者向きではなかった。
その点ノヴァグラップラーは(現在判明している範囲では)ハイビートな構成になっており、また「ダメージを受けてコストを確保する」という戦略を学ぶのに向いているのかもしれない。
スポンサーサイト

『ジャガーノート・マキシマム』考察+アニメで感じた違和感



ジャガーノート・マキシマム グレード3/パワー11000/シールドなし/ツインドライブ!!/スパイクブラザーズ

【永】【V/R】:他のあなたの《スパイクブラザーズ》のユニットがいないならパワー-2000。

【自】【R】:[ソウルブラスト(1)]このカードがアタックした時、コストを払ってよい。
払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、そのバトルのクローズステップ開始時。このユニットをデッキに戻し、その山札をシャッフルする。


森川マケミ君のユニット。第1話冒頭で使われて以来、彼のファイトには必ず登場する。

デメリットの弱体化能力は、ドラゴニック・オーバーロードとアシュラ・カイザーも有することから『グレード3でパワー11000』のユニット共通のデメリットであるようだ。

森川君は「なまっちょろいネハーレン風情が…」と言っていたが、そのネハーレン(パワー10000)にパンプ無しで負けることがある。というか森川君はジャガーノート以外のスパイクブラザーズを入れているのだろうか?
スパイクブラザーズで統一すればそこまで気になるデメリットでもない。

このユニットの最大の特徴は『リアガードでの運用に特化したグレード3』であることだ。
現在判明している中ではエグザイル・ドラゴンがこれにあたる。それ以外はヴァンガードで使うことで能力を最大に、あるいはヴァンガードでしか能力が使えないものとなっている。

支援無しで16000に達することは中々に強力。効果発揮後にデッキに戻るデメリットも、そもそもグレード3は防御に回れないことからあまり気にならない。むしろ今後『ドライブチュックでグレード3の《スパイクブラザーズ》が出たとき』といった能力が出れば、メリットに変えることができる。
ただし他のソウルブラスト持ちとは相性が悪くなることと、コンボ無しではトリガーの発動を阻害することが欠点。

なお、実質バニラだが11000のツインドライブ持ちということでヴァンガードにしても申し分ない。

エグザイルが使い捨ての除去なら、ジャガーノートは使い捨てのダメージソースorシールド削りといったところだろう。

余談だけど、1話・2話では嫌な奴だった森川君と井崎君だけど、3話以降はアイチと仲良くなっている。
一方2話目でデレた櫂君は、また壁を作り始めた。
どうにも2話までと3話以降が切り離して作られている印象を受ける。

ひょっとしてアニメの1話・2話だけは伊藤先生の漫画をベースに作って、それ以降はアニメスタッフが自由にやっているのだろうか?それなら漫画とアニメでキャラやエピソードが大きく異なることが納得できる。

『騎士王アルフレッド』考察



騎士王アルフレッド グレード3/パワー10000/シールドなし/ツインドライブ!!/ロイヤルパラディン

【永】【Ⅴ】:あなたのユニットはこのカードをブーストできない

【永】【Ⅴ】:あなたのターン中、あなたの<ロイヤルパラディン>のリアガード1枚につき、このユニットのパワー+2000

【起】【Ⅴ/R】:[カウンターブラスト(3)]あなたの山札からグレード2以下の<ロイヤルパラディン>を1枚まで探し、リアガードにコールし、その山札をシャッフルする。


アイチの新しいグレード3ユニット。能力は大きく分けて2つ
(1)ブースト出来ない代わりに、リアガードの数×2000のパンプアップ(ヴァンガード限定)
(2)3コストでグレード2以下のロイヤルパラディンをリクルート

1つ目の能力は最大でパワー20000までパンプアップ出来る能力。
とは言ってもリアガード3枚でパワー16000と基準値(現在のパワーの最大初期値11000+シールドの最低値5000)に達するだけでも十分強力。
ツインドライブで21000~26000に達すると考えれば、結構な枚数のカードを消費させることが出来る。
またリアンの手札交換のようにリアガードをレストする能力も使いやすくなる。

2つ目の能力は山札から仲間を呼ぶ能力。
パワー重視ならギャラティンやランドルフ、リアガード除去ならブラスター・ブレード(ただし計5コスト必要)、あるいはユニコーンでアルフレッドを、うぃんがるでリアガードのブラスター・ブレードの強化などその用途は多岐に渡る。

1つ目にも2つ目にも共通するのは『手札を確保できる』ということ。
1つ目はアルフレッドのブーストのためだけにリアガードを出す必要がなくなる。
2つ目は手札を減らさずに戦力を増やせる。グレード2を前列を呼べばシールドを増やしたことにもなる。

ガンスロッドは一撃で最大5点のダメージを叩き込む攻撃特化の能力であるのに対して、
アルフレッドは次の相手ターンをしのぎやすい防御的な能力、と言ったところだろうか。

とはいえガンスロッドは通らなくても最低2枚のカード(イゾルデやしょこらなどの確定防御)を消費させることが出来るので、それによって返しのターンの攻め手を削ぐこともできる。
まさに『攻撃は最大の防御』というカードだ。
普段はアルフレッドにライドし、隙を見計らってガンスロッドで一撃を叩き込むのがアイチの、そして第一弾環境での戦法になるだろう。

ブログ開設

ヴァンガードのブログを始めました。可能な限りヴァンガってみます。
プロフィール

rin_30

Author:rin_30
ヴァンガってみよう!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。