スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『騎士王アルフレッド』考察



騎士王アルフレッド グレード3/パワー10000/シールドなし/ツインドライブ!!/ロイヤルパラディン

【永】【Ⅴ】:あなたのユニットはこのカードをブーストできない

【永】【Ⅴ】:あなたのターン中、あなたの<ロイヤルパラディン>のリアガード1枚につき、このユニットのパワー+2000

【起】【Ⅴ/R】:[カウンターブラスト(3)]あなたの山札からグレード2以下の<ロイヤルパラディン>を1枚まで探し、リアガードにコールし、その山札をシャッフルする。


アイチの新しいグレード3ユニット。能力は大きく分けて2つ
(1)ブースト出来ない代わりに、リアガードの数×2000のパンプアップ(ヴァンガード限定)
(2)3コストでグレード2以下のロイヤルパラディンをリクルート

1つ目の能力は最大でパワー20000までパンプアップ出来る能力。
とは言ってもリアガード3枚でパワー16000と基準値(現在のパワーの最大初期値11000+シールドの最低値5000)に達するだけでも十分強力。
ツインドライブで21000~26000に達すると考えれば、結構な枚数のカードを消費させることが出来る。
またリアンの手札交換のようにリアガードをレストする能力も使いやすくなる。

2つ目の能力は山札から仲間を呼ぶ能力。
パワー重視ならギャラティンやランドルフ、リアガード除去ならブラスター・ブレード(ただし計5コスト必要)、あるいはユニコーンでアルフレッドを、うぃんがるでリアガードのブラスター・ブレードの強化などその用途は多岐に渡る。

1つ目にも2つ目にも共通するのは『手札を確保できる』ということ。
1つ目はアルフレッドのブーストのためだけにリアガードを出す必要がなくなる。
2つ目は手札を減らさずに戦力を増やせる。グレード2を前列を呼べばシールドを増やしたことにもなる。

ガンスロッドは一撃で最大5点のダメージを叩き込む攻撃特化の能力であるのに対して、
アルフレッドは次の相手ターンをしのぎやすい防御的な能力、と言ったところだろうか。

とはいえガンスロッドは通らなくても最低2枚のカード(イゾルデやしょこらなどの確定防御)を消費させることが出来るので、それによって返しのターンの攻め手を削ぐこともできる。
まさに『攻撃は最大の防御』というカードだ。
普段はアルフレッドにライドし、隙を見計らってガンスロッドで一撃を叩き込むのがアイチの、そして第一弾環境での戦法になるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rin_30

Author:rin_30
ヴァンガってみよう!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。