スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレード3の分類

「今日のカード」について述べるつもりがすでに紹介した騎士王アルフレッドだったので企画変更。個人的な覚書。

現在判明しているグレード3の能力には主に5種類ある。

(1)カウンターブラスト型
(2)ソウルブラスト型
(3)トリガー型
(4)速攻型
(5)リアガード型


(1)はダメージをコストに発動するタイプ。(2)との複合になることもある。
コストは通常は5枚までしか使うことが出来ないが、ヒールトリガーや『ハングリー・ダンプティ』などで回復することが出来る。コストを確保するために相手からのダメージをコントロールするプレイングも要求される。
代表的なユニットは『断罪の騎士 ボールス』『ドラゴニック・オーバーロード』『孤高の騎士 ガンスロッド』

(2)はソウルをコストにするタイプ。
能力を発動するために、ソウルを確保する能力とそれによる付加能力を持つものもある。付加能力も「パンプアップ」「デッキトップ操作」など単体でも十分強力である。発動コストにカウンターブラストを含むものは条件も厳しいが一撃でゲームをひっくり返すほど強力である。
代表的なユニットは『ボーテックス・ドラゴン』『CEO アマテラス』

(3)はドライブチェックでグレード3をめくると発動するタイプ。
コストはかからないが発動は不確定。また効果もあまり強力ではない。『アシュラ・カイザー』のように十分なパワーを持つユニットでないと扱いづらいだろう。
代表的なユニットは『ドラゴンモンク ゴクウ』『紅蓮の蝶 ブリジット』『アシュラ・カイザー』

(4)は条件を満たすと通常よりも早いターンにライドできるユニット。
ただしそれによって得られるメリットは現時点では「1ターン早くツインドライブが使えること」と「1ターン早くグレード3をコールできること」。条件の厳しさやユニットが実質バニラであることを考えることを考えるとリターンは少ない。(なおアルフは能力が完全には判明していないので考察対象外)
カードプールの増加やユニットそのものの性能の向上に期待。
代表的なユニットは『魔竜戦鬼 ヤクシャ』

(5)はヴァンガードではなくリアガードでの効果を発揮することを目的としたユニット。
「グレード3=このゲームの華」であるが、ヴァンガードになれるのは1枚であることと、シールドやトリガーを持たないことを考えればこうした役割も必要。
あくまでもリアガード用だが、いざとなればヴァンガードにしてもいい。
効果を発揮すると場を離れるものが多い。
代表的なユニットは『エグザイル・ドラゴン』『ジャガーノート・マキシマム』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンクしました

こちらからもリンク貼らせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

Author:rin_30
ヴァンガってみよう!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。